2015年1月のアフィリエイト収入

330f534ef82c23bbc4b2e0e4386347ae_s

ブログのリニューアル工事はほぼ完了しました。

ご不便をおかけしましたが、
今後ともどうぞよろしくお願いいたします^^

 

遅くなりましたが
2015年1月のアフィリエイト収入の報告です。

 

2015年1月のアフィリエイト収入

合計151,963円(発生ベース)

 

★A8.net
144,763円
a8up2015-01

 

★アフィリエイトB
3,450円
2015-02-13_102125

 

★その他(楽天、Amazon、アドセンス、レントラックス等)
3,750円

 

広告のテストはとっても重要でした

実は、1月は急に収入が伸びました。

2015年1月  151,963円
2014年12月  65,506円
2014年11月  74,907円
2014年10月  89,786円

これは、広告を貼り変えたことが原因なんです。

 

私が実践している手法は、
「商品名キーワード」でサイトを量産する手法ではなく、

「悩みキーワード」や「ジャンルキーワード」で
パワーサイトを作成する手法です。

 

アフィリエイト広告は、
サイトの属性に合った広告を選んで紹介しているわけですが、
同じジャンルの広告は一つじゃないですよね。

 

例えば、
「ほうれい線を消す方法」というサイトだったら、

ほうれい線を消すための商品はいくつも存在しますよね。

 

美容液、美顔器、コラーゲンドリンク、サプリ、などなど、

 

どの商品を紹介すればそのサイトの収益が最も高くなるのかは、
実際に広告を貼ってテストしてみないとわからないわけです。

 

1月はそのテストの一貫として紹介した商品の売れ行きが良く、
その結果、収入アップすることができました。

 

アクセスが増えてからABテストをしましょう

ABテストとは、

例えば、アフィリエイトリンクの文言を、
AとBの2パターン用意して、

どちらの方がクリック率が高いかをテストすることを言います。

 

物販アフィリエイターが重要視するABテスト

・商品紹介ページへの誘導文
(総アクセスの何%を商品紹介ページへ誘導できているか)

・アフィリエイトリンクの文言、ボタン、バナー
(アフィリエイトリンクのクリック率は何%か)

・紹介文&商品そのもの
(対象商品のコンバージョンは何%か)

 

これらを定期的にテストすることで、
サイト全体の収益最大化を目指していきます。

 

私が過去に失敗したのは、

「アクセス数が少ない状態でABテストを行った」

ことです。

 

アクセス数が少ない状態では、正確なテストが行いにくいです。

 

1日100人のアクセスがあるサイトなら、
1ヶ月で3000人の統計がとれますが、

1日10人のアクセスのサイトでは、
1ヶ月で300人の統計しかとれません。

 

統計学では、
「2000人の調査ができれば、データの信頼性がある」
といわれています。

1日10人のアクセスでは、
2000人の統計がとれるまでに時間がかかりますよね。

 

アクセス数が少ないうちは、
ABテストに時間を使うよりも、

コンテンツの充実や、
集客に時間を使った方が、効率が良いといえます。

 

サイトのジャンルやキーワードにもよりますが、

ABテストの開始は、
「1日50人以上のアクセス数」
を目安にすると良いかもしれません。

 

2 Responses to “2015年1月のアフィリエイト収入”

  1. てる より:

     はじめまして。てると言います 
    ブログランキングからやってきました。
    広告を張り替えて実験をされてて、なるほどなと思いました。
    しかもアクセス数が少ないうちにテストをしても、、、というのは、本当にその通りで勉強になりました。

    また遊びにきますね(^^)

    • めぐみ より:

      てるさん、はじめまして(*´∀`)ノ
      コメントありがとうございます♪

      私はABテストは苦手な方で、
      これまではあまり良い結果を出せなかったのですが、
      めげずに続けていて良かったです。

      またいろいろ実験して、結果をご報告しますね。
      ぜひぜひ、また遊びに来てくださいませ(〃▽〃)

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ