新規ドメインに当たり外れがあるって本当?

d794aa58f044cfae9710f7240337f098_s

過去に誰かが使用していたオールドドメイン(中古ドメイン)に
当たり外れがあるというのは有名な話ですが、

新規ドメインにも当たり外れがあるという噂を聞いたことがありますか?

 

新しくサイトを作るために、ドメインを取得するとき、
このような噂があると、何かと不安になります。

今日は、「新規ドメインの当たり外れ」について、
納得できるまで調べてみました。

 

新規ドメインの当たり外れについて

新規で独自ドメインを取得してブログを作ったけど、
3ヶ月経っても、半年経っても、インデックスされない。
アクセスが来ない。

これって、外れドメインなの?

 

この現象、よくよく調べてみると、
新規ドメインに当たり外れがあるのではなく、

「新規ドメインだと思って取得したら、
実はオールドドメインだった!」

ということが原因のようです。

 

以前の使用者が無茶な使い方をしていて、
グーグルからペナルティーを受けて手放した。

それを偶然、取得してしまったというわけです。

 

アフィリエイトを始めたばかりの頃は、
独自ドメインをとるだけでも勇気がいるものです。

勇気を出して、独自ドメインをとって、
一生懸命、大切にサイトを育てて、

それなのに、せっかくとったドメインに実はペナルティが付いていたなんて、
ショックで立ち直れなくなりそうですよね。

 

このようなことが起こらないように、
新規ドメインを取得するときには、下記の3つの項目をチェックしましょう。

 

新規ドメイン取得時にチェックすること

チェックポイント①ドメインの運用履歴を調べる

WAY BACK MACHINEを利用して、ドメインの運用履歴を調べることができます。

INTERNET ARCHIVE WAY BACK MACHINE

2015-02-14_215106a

赤丸の部分に、取得したいドメインを入力し、
「BROWSE HISTORY」をクリック。

 

運用履歴が見つからなければ、このように表示されます。
2015-02-14_220533

この表示が出たら、ひとまず安心です。

 

運用履歴があると、このように表示されます。
2015-02-14_215234px600
(実は、昨日とったドメインに運用履歴がありました)

運用履歴があった場合は、
カレンダーが水色になっている場所をクリックすると、
当時のサイトの運営状況が確認できます。
2015-02-14_215234px600a

 

公序良俗に反したサイトで無いか?
アダルトなサイトで無いか?
スパムサイトっぽく無いか?

SEOのペナルティーまではわかりませんが、
直感で危なそうだったら取得するのはやめておきましょう。

 

チェックポイント②ブラックリストに載っていないか調べる

取得したいドメインが検索エンジンにブラックリスト登録されていないか、
下記のサイトで調べることができます。

aguse.jp

2015-02-14_223627px600
すべて◯SAFEとなっていれば、セーフ。

 

世界のURI (ドメイン)ブラックリストチェック

2015-02-14_223715px600
このような表示になっていればセーフ。

 

ブラックリストに登録されていなくても、
グーグルの手動ペナルティを受けていたという事例もあります。

過去に運用履歴があるドメインの場合、これだけでは安心できませんが、
ここでアウトになった場合は、そのドメインを取得するのはやめましょう。

 

チェックポイント③ドメインの被リンクを調べる

SEOチェキで、ドメインの被リンクを調べます。

SEOチェキ

MOZ.comの方が、より詳しく調べられるそうですが、
海外サイトなので私は使いにくく感じてしまいます。

 

ここで被リンクがついていたり、ページランクがついている場合、
偶然にも当たりのオールドドメインを発見した可能性もあります。
(かなり稀だとは思いますが)

 

通常、オールドドメインは高値で取引されているので、
被リンク元が健全で、資金に余裕がある場合は、
キープしておくのも一つの手かもしれません。

 

一つ一つ、被リンク元をチェックしてみましょう。

 

しかし、被リンク元が健全に見えても、
SEOのみを目的とした不正なリンクとみなされて、
グーグルからペナルティを受けている場合もあります。

 

こればかりは、実際に取得してみないとわかりません。

 

もし、被リンク元が不健全だったりグレーな場合は、
そのドメインを取得するのはやめましょう。

 

以上の3つが、新規ドメインを取得するときのチェックポイントです。

 

問題があっても、どうしてもそのドメインが欲しい時

万一問題があって、それでもどうしてもそのドメインが欲しい場合には、

グーグルウェブマスターツールに登録し、手動ペナルティがあるかどうかを確認。

再審査リクエストで、
「運営者が変わったので手動ペナルティを外してほしい」ことを伝える。

 

この手順を踏むことで、
新規ドメインとして再出発することもできます。

 

でも、アフィリエイト初心者さんの場合は、
このような手続きをしている時間がもったいないので、

そのドメインはあきらめて、
別のまっさらなドメインをとることをおすすめします。

 

結論

今回調べたところでは、

新規ドメインに当たり外れはない。

しかし、実際には新規ドメインではなく、
オールドドメインである可能性があり、
オールドドメインには、当たり外れがある。

というのが結論です。

 

偶然にも良いオールドドメインを取得すると、
新規ドメインよりもSEO的に有利になる場合もあります。

新規ドメインの実力が0からのスタートだとすると、
オールドドメインは、
マイナス100~プラス100までの当たり外れがあると考えましょう。

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ