ペンギンアップデート2.0の影響を受けたサイト

426cd785e729592074a36e01a7618e5d_s
今朝、「湘南web通信」というメルマガを読んで知ったのですが、
22日にペンギンアップデート2.0が実施されたそうですね。

 

言われてよくよく見てみると、
確かに私の運営サイト達も22日・23日・24日と、
ある程度の動きがありました。

 

言われなかったら、気づかなかったかもしれません(笑)

 

SEOの専門家さん達がおっしゃるには、
「想像していたより動きが少なかった」とのこと。

 

まぁ、そんな程度だったということですね。

 

ペンギンアップデート2.0が実施されたのは、
米時間で22日の午後。

日本では23日の早朝にペンギン投下されたってことになりますね。

 

でも、その前に日本で22日の夜から23日にかけて、
「同一ドメインが検索結果に出にくくなるアルゴリズム更新」
というものが行われたそうです。

 

私の運営サイト達の順位が22日から変動しているのは、
それのせいかもしれません。

 

22日に変化があったサイト達は、
それまで圏外だったサイトです。

 

手持ちのサイトすべてをチェックしているわけではありませんが、
チェックしているサイトのうち2つが、
圏外から100位以内に入ってきています。

 

同一ドメインが検索結果に出にくくなったおかげで、
上位にいた同一ドメインの数が少なくなって、
その結果、押し上げられたと予想できます。

 

23日・24日に動いているサイトは、
5位~30位くらいまでの変動です。

 

私の運営サイトでは、順位が上がったものが多いです。

 

そういえば、23日の朝、
順位チェックしたときに軒並み順位が上がっていて、
「ラッキー♪」と思っていたことを
今思い出しました(笑)

 

去年の10月のペンギンでは、
稼ぎ頭が飛ばされて泣いていましたが、

今回のペンギンアップデートは、
うちにとっては追い風になったのかな?

 

今はバックリンクをほとんどつけていないので、
ペナルティを受ける可能性は低いですね。

 

今、上位にいるサイト達でも、
バックリンクの数は1本~5本程度です。

 

全て2語、3語の複合キーワードで作っていて、
大きいキーワードには進出していません。

 

去年10月に飛ばされたサイトは無料ブログで、

自動相互リンクサービスやら、
ソーシャルブックマークやら、
中小検索エンジンやら、
手持ちの無料ブログやら、

とにかくやみくもに被リンクをつけていました。

 

しかもリンク先は全部トップページで、
アンカーテキストもほとんど一緒です。

今ではやっちゃいけないと言われていることばかりですが、
当時はそれが有効だと言われていた気がします。

 

その無料ブログは飛んだ後に、
外せるリンクはすべて外して、
月2回更新で様子を見ていました。

 

今回のペンギンで、
やっと圏外から100位以内には戻ってきてくれましたね。

実に7ヶ月ぶりです(笑)

 

1位になれれば稼げるって、
わかっているブログなだけに、
もうちょっと上がってきてくれればいいのにな~と思ってしまいます。

 

ちなみに、通常の相互リンクについてですが、
50本くらいの相互リンクなら、
今回は影響ありませんでした。

 

昔作ったサイトで、相互リンクをしているサイトが2つありますが、
順位には全く影響なしです。

 

相互リンクをするとページランクが上がりますし、
バックリンクのページランクは、
高いほうがパワーがあるように感じています。

 

過剰相互リンクのペナルティは、
今のところあまり気にしなくても大丈夫そうですね。

 

1000本とかつけてる人は、どうなのかわかりませんが(笑)

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ